富士サンケイトレードへようこそ。バス中古部品の事ならおまかせください。中古部品専門スタッフが、お客様のご質問に丁寧にご対応致します。

  • 中古バス販売買取中古バス販売買取
  • BusParts新品バス部品販売BusParts新品バス部品販売

商品のお問い合わせ・ご注文

NEWS -お知らせ-

2020-08-08 バスの車内を探検してみる。

バスに関わり約3年・・今回は乗用車しか関心の無かった私がバスで関心したことについて2点ご紹介します。バス事業者様にとっては退屈な話になるかと思いますがお付き合い頂ければ幸いです。

寝室がある!

過去に東京-大阪間の高速夜行バスを利用したことは何度もありますが、乗務員が休憩する場所を考えたことはありませんでした。長距離トラックであればキャビン上部に寝室があることをテレビで見て知っていましたが、バスに関しては本当に謎でトランクを改造しているのだろうと想像していたけれど、トランクから乗務員が出てくる場面は一度も見たことが無く・・、結局当社に入社してから知ることになりました。

こんな感じです。こちらはBDG-MS96JPのSHD仕様の寝室です。今回は特別に外装パネルを開けて車外から撮影しました。このベッドの幅は広くありませんが、感覚的にはブルートレインの寝台車と同じ程度です。そしてこの空間からは運転手と連絡を取ることもできます。「多機能ベッド」ですね・・。そしてこの寝室への入口はこちら。

トイレの左側の扉を開けたところです。バスのトイレ付車両は二種類あり、車両後方に設置する仕様と車内中央の階段を下りた所に設置する仕様があります。この写真は後者の仕様です。階段部分の左側にこのような秘密があるなんて、本当に驚きです。(勝手にノックしたり、開けたりしてはいけません。多分寝てます)

化粧室がある。

二つ目の関心事は「化粧室」です。この仕様は今まであまりお目にかかることがなく、珍しい仕様ではないでしょうか。

まるでフェリーの化粧室のような作りですが、これもバスの車内です。洗面スペースや荷物置き場がここまで広く作られているため、使い勝手は良いです。

上記写真の右側です。とにかく広い、昔ブルートレインに乗ったことがありますが、こんなに豪華ではありませんでした。最近のバスって凄いですね。音姫まで付いていました。

ということで、今回は寝室と化粧室を探検してみました。

今回のブログ・・特に化粧室を見ていると過去に旅行した経験が蘇ってきました。旅行とは・・「非日常感」だと思います。定例化した日常生活から離れ通常では体験できない場所、景色、出会いを体験できるものです。現在は行動自粛が叫ばれていますが、この状況が改善された際は家族を連れて旅したいと改めて感じるのでした。

富士サンケイトレード株式会社

FAX043-421-2890

受付時間(8:30-12:00 13:00-17:30)
月曜~土曜日及び祝日