富士サンケイトレードへようこそ。バス中古部品の事ならおまかせください。中古部品専門スタッフが、お客様のご質問に丁寧にご対応致します。

  • 中古バス販売買取中古バス販売買取
  • BusParts新品バス部品販売BusParts新品バス部品販売

商品のお問い合わせ・ご注文

NEWS -お知らせ-

2020-07-04 曲がる喜び

 私が大型免許を取得したのは約2年前、教習所ではかなり苦労しました。左右のミラーを見ても後輪の位置を把握することができず内輪タイヤは頻繁に縁石に乗り上がり、またディーゼル車の運転そのものも初めてでしたから乗用車感覚でアクセル踏んでからクラッチを繋いだりと・・、本当にお粗末なものでした。その後、難儀の上免許を取得し敷地内で運転をすることになりますが、今でも曲がることに関しては苦手です。

 遠い昔の話・・、ある自動車メーカのキャッチコピーに「走る喜び、曲がる喜び、止まる喜び」というのがありました。スムーズに加速し、ステアリングは切った分だけ曲がり、ブレーキは踏んだ分だけキッチリ減速する・・。乗用車であれば誰もが憧れたイメージですが、今の私が置かれた状況から乗合自動車について言うのなら「図太いトルクで動き出す恐怖、曲がる恐怖、止まる安心」という所でしょうか。曲がることに喜びなど全く感じられず、ただ無事に曲がれることを願い、止まった時には感謝の気持ちだけ・・。そんな私がバスで「曲がる喜び」を感じるのはこの先何年後になるのだろうと考えてしまいます。

あれ、こんなところに曲がる喜びがありました。

 上の写真は自動車に少し詳しい方であればお分かりだと思いますが「ステアリング・ギアボックス」です。でも・・これ大きすぎですよね・・、そうバス用です。ドライバーがステアリングホイールを回すとその回転がこのギアボックスに伝達され、その回転量に応じてロッドが前後に動き、その動作の量だけナックルアームが動きます。ギアボックスは自動車にとって大変重要な部品です。(詳細はググってください。)

 バスが曲がることに喜びなど全く感じない私が・・、バスを降りてから曲がる喜びを見つけてしまいました。でもこれは喜びではなく、単なる「こうやって曲がるのか」というだけの関心かもしれません・・。


 当社では自動車を解体する際、このようなホームページに掲載の無い部品でも在庫車両があれば対応可能です。

※車両装着状態の部品は、取り外しの際に破損する場合や、お客様からの注文状況により作業スケジュールがお客様の都合に合わせられない場合もございますので予めご了承ください。

富士サンケイトレード株式会社

FAX043-421-2890

受付時間(8:30-12:00 13:00-17:30)
月曜~土曜日及び祝日